Posts

車検証

Image
リアシートのアームレストにぴったり収まる。ここが正規の場所だろうか?
その後、ランプ切れアラームが鳴らなくなった。何か接触が悪かったのだろうか?ライトをチェックしても異常はないので、様子見とする。

警告灯

Image
警告音とともに表示されたマーク。 どうやら左のリアもしくはウィンカーらしく、しかしながらチェックしてみたが明らかな電球切れがなく、、?
イグニッションオフオンしても、再度表示されるため、何かが悪いようだ。はて。。

DIY シフトノブ交換 S Tronic

Image
純正のシフトノブも悪くないのだが、みんカラなど(ROだが楽しく拝見している)で皆さんが交換されているのをみて、自分も交換してみた。

純正シフトノブは、いかにもオートマチック車。長年アルファ156のマニュアルに乗ってきた自分にとっては少し寂しい感じ。思えばアルファロメオ156のQシステムはオートマチック車であったが、こんな感じ↓でマニュアル車をイメージさせる、デザインを重視するアルファらしい設計であった。
アルファ156 Q systemのシフトノブ
今回、Audi A4 allroad quattroに取り付けるのはこのAudi純正シフトノブ。

トップにS tronicとロゴがある。そう、このARQのト ラ ン ス ミッションは7 速 Sトロニックを搭載。これはクラッチ付きのマニュアル操作を電子制御するものであるが、カタログには、 1-3-5-7 速と 2-4-6 速を個別に受け持つツインクラッチを一体化した構造により、瞬時に変速動作が完了し、エンジンパワーを途切れることなく伝達します。 とある。つまり、アルファで言えばセレスピードの進化版である。
マニュアル操作で自由にシフトチェンジが可能、となればシフトノブもマニュアル車っぽくいかなくちゃ。
さてさて交換だが、全身電子制御されたこの車をDIYできることは少なそうだが、このシフトノブぐらいは自分で交換してみる。
ただ、実はポン付けできないのが問題である。
なぜかというとA4のシフトノブはボタンが横方向についているのだが、このS tronicのノブは縦方向にボタンがついていて、これにはちょっとした加工が必要である。
まず準備したのはパネル剥がし。私はオートバックスで購入したがAmazonの方が安い。


エーモンパネルはがし
以下簡単な手順であるがDIYを推奨するものではないので実施する人は自己責任で。
パネルはずしを使ってシフトカバーを外しレザーカバーをめくりあげる シフト下にこのようなプラスチックのストッパーがあるので、45度ぐらい回す(この状態で上に引っ張ると抜ける)
こちら↓が抜いた状態、ボタンが横付きであるため、軸の穴が横に向いており、縦ボタンのS tronicノブを取り付けるには、この穴を90度曲げる必要がある
これをドライヤーを使ってゆっくり曲げていくのだが、かなりの熱になるため周辺は濡れタオルで養生して作業をする…

ウィンドウフィルム施工 ウィンコス スタンダードGY-30IR

Audi allroad quattroはプライバシーガラスじゃないため、そのままだと後部座席やトランクは丸見えである。

また、夏の暑さ対策として、といってもAudi allroad quattroのエアコンはめちゃくちゃ効くので暑いということはあまりないのだが、ジリジリと照りつける日差しは流石に刺すような暑さを感じるし、それ以上に同乗者の日焼け防止(UV対策)。ちなみに日本車と違い欧州車はほとんどがUVガラスではないらしい。AUDIも。。

そして車内の日差しによる劣化防止。具体的には革シートや樹脂の劣化(ベタつき)防止。どうも欧州車の樹脂部分は日差しに照らされ続けるとベタついてくる。

私のAudi allroad quattroもトランク部分のロールアップするトノカバーもちょっとベタつきはじめている様子。

で、リアを施工してもらった。
お世話になったのは、以前の車、アルファ156でもリア貼ってもらったDELECTOさん。

Audi allroad quattroの場合は、リアは小窓含めて五面あるのだが、これを25,000円ちょっとで施工頂いた。選んだフィルムはウィンコス スタンダードのGY-30IRというもの。日本車に多い純正プライバシーガラスの濃さと同じ。濃いめが嫌いなため自然なスモークになって満足。もちろん中からは貼っているのか?と思うぐらい視界性がある。

UVガラスじゃないと聞いて、次はパノラマサンルーフにも透明フィルムを貼りたいな。


Roidmi 2S Bluetooth V4.2車載用充電器ハンズフリー通話MP3音楽プレーヤー

Image
2013のAudi A4 allroadでBluetoothでiPhoneつないでもハンズフリー通話はできるが音楽再生してくれない。これ、何か解決策ないのかな??

で、音楽用のデッキをつけるのはデザイン的にあり得ないし、AMI(Audi Mutimedia Interface)とかで有線接続もできるのだが、このご時世にあってない。
と言うことで購入したのはこれ。


公式サイト

届いた製品はまるでApple製品のような丁寧な箱に入っていてスタイリッシュ。とても高級感あるのである。

デザイン良し、音よし、価格よし、と、いい買い物でした。
一点アッシュトレイ横のシガーライターではOK。肘掛中のソケットだと電源が入らない。何故だ??
アッシュトレイでもいいのだが、蓋が閉まらないのがちょい気になるのである。

レーダー探知機 コムテック ZERO100L

Image
Alfa156の時はGPS非搭載の古いレーダー探知機を搭載していたが、電源をシガーソケットからとるタイプであったため、ほとんど使っていなかった。つまり15年間レーダー探知機というものを使ってこなかったのだが、幸いスピード違反で捕まったことはない(もちろん?それ以前は経験有りだが。。)
で、車で往復2000Kmの規制でAudi A4 allroad quattroを使う予定だったので、レーダー探知機を保険として装着することにした。
何がいいか、、、YHいってものを物色するもどうもモニターが付いているモデルが殆どで派手派手しい。モニターは不要(何に使うのか?)ということで、見つけたのは
コムテック レーダー探知機 ZERO 100L 無料データ更新 移動式オービス/小型オービス/ゾーン30対応 OBD2接続 GPS 薄型

モニターなしのシンプル設計電源コードも背面から出す設計で考えられているGPS搭載、位置情報から警告GPSデータの無料更新

この点に惚れて購入。
OBDIIから車の情報をとることもできるのだが、シンプル好きな私は遠慮しておく。
細かい設定ができるのは良いことかもしれないが、面倒くさい。そして、ちょっと喋りすぎますね。特にイグニッションオンで、「こんにちは」とかの挨拶は不要。このあたりは設定でオフにできないのが残念。ETCもあったりでイグニッションオン時に騒がしい(泣)
でも派手派手なレーダー探知機が多い中で、こいつはシンプルで気に入った。
さて、問題は電源。付属のシガーソケット用の電源ケーブルがとっても長いことに気づき、フューズから取るつもりだったのだが、そのケーブルをリアのトランクスペースまで、内張りを這わせて配線。電源をトランクにあるあまり出番のないシガーソケットから取ることにした。ケーブルも殆ど見えず、いい!これはオススメですぞ。
ちなみに本体は両面テープも使わずダッシュボードに置いているだけ。 Audi allroadの場合は、すべることもなく、これで十分である。